経営コンサルタントの濵田将士です。今日は承認欲求についてのお話です。

承認欲求っていうのは、人に認められたい、褒められたい、チヤホヤされたいという欲求です。エイブラハムマズローさんの提唱した5段階欲求説の下から4段目の承認の欲求(esteem needs)です。

(ちなみに、ですね・・・愛されたいっていうのは、承認欲求はなく3段目の社会的欲求です。社会的欲求って正しくは、愛と所属の欲求(love and belongingneeds)です。もちろん神から愛されるも含まれます。)

それでその承認欲求がなんなんだ!?ってことなんですが、社会人になっていろんな分野で自分をこじらせたり、他人をこじらせたり、性格的に問題があったり、動かなかったり、稼げなかったりするのは、この承認欲求に原因があるんじゃないかと思うわけです。

社会人になって、褒められるからやります。褒められたいから頑張ります。ってそもそもおかしくない?って思いませんか?社会人って労働の対価としてサラリー(給与)をもらっているわけです。

褒められるとか認められるのは、何かの結果なわけで、行動の起点になること自体が歪です。

子供の時期には、承認欲求が行動の起点になることは、何ら問題がありません。それがモチベーションで頑張ることを覚えるのも大事です。でも子供の時って、褒められなくてもワクワクして行動していませんでした?そしてやりたくないなーと思っていることをやらせるためにやたらと褒めてやらせる起爆剤に承認されていませんでした?僕の家庭ではそうでした。もしかしら、僕のウチだけかもしれませんが…

そして他人からの承認欲求で、快を得ている限り結局は、他人にコントロールされ続けて、いろんなことをこじらせたり、いじけたり、稼げなかったりするわけです。

じゃあ、どうしたらいいのかっていうと、自分自身で自分の承認欲求を満たすということで解決できます。

この方法については、またにしますが、今日言いたいのは、会社や教育をしている立場の人が無闇矢鱈に承認欲求を他人から得られる仕組みやそれ自体を仕事とするマネジメント方法から脱却しよう!ってことです。他人の承認欲求を餌に生きることが最大の他責だと思います。

と、いうことで他人にコントロールされずに、自分の人生をダイナミックに今日も楽しみましょう!