ジョニー宜野湾さん

沖縄県では、誰もが知っている超有名歌手。ウィキペディアにはこうある。

ジョニー宜野湾(ジョニーぎのわん、1958年2月11日- )は沖縄県宜野湾市出身の歌手。

沖縄県で音楽活動をするアコースティク中心の自称「県産品歌手」。元、ハートビーツのギタリスト。2010年前後からステージではウクレレをよく演奏している[1]

CD、アルバムなどの発売はすべて自主レーベルからのリリースであるが、活動は沖縄県ではメジャー級である。

ヒット曲として「うりひゃあでいじなとん」「一本道」「具志堅用高の唄」などがある。 中でも「一本道」は同郷のプロボクサー平仲信敏が最後の試合となったコウジ有沢戦で入場テーマとして使用し、阪神タイガースの投手福原忍選手が2008年度から入場テーマとして採用している[3]

また、沖縄県ローカルのCMに多数出演しており、コミカルなCMが多いことから、全国放送での地方コマーシャル紹介番組でもよく取り上げられる。 釣具店のコマーシャルが代表的なもの。2004年から「わした静岡店」のTVCMにも出演、CMソングは親しみやすく静岡県内でも認知度は高い。

一緒に街を歩いていたり、食事をしているだけで周りの方がざわざわする。そんなジョニーさんとは、座間味の骨プロジェクトを通じて知り合いました。※絶賛クラウドファンディング中ですので、ご支援お願いいたします。

出会った時の印象は、凛とした美しさのある方です。佇まいや動作など全てに置いて美しさがあります。

2度目は、座間味骨プロ主催で開催した沖縄那覇にある花咲と言う名店で開催したジョニー宜野湾ライブIN花咲。この時の様子は、骨プロのYOUTUBEに上がっているので、ぜひご覧いただきたいです。※絶賛クラウドファンディング中ですので、ご支援お願いいたします。

そして今回、お世話になっている北谷商工会でほぼシークレットで開催した対談。

とにかく、愛と優しさを感じました。ジョニーさんのような清々しく明るく好かれる人になりたいです。

下記から対談の動画をご覧いただけます。

ジョニー宜野湾さんと対談:好きなことを仕事にする方法

 

・・

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

おっと、リンク先を間違えました。

骨プロにも興味を持ってくれると嬉しいです。

 

次こそ本当に

凹んでいる時、焦っている時、憂鬱な時、新コロで不安な時、元気がないときなど人生は常にポジティブではありません。
だけど!この動画をご覧いただけると、そのような一見マイナスに見えるような出来事も意味があって、それをどう捉えるかで人生は変わる。
そんなことに深く気づかせてくれる動画になったと思います。
こんな時代だからこそ、見て欲しい。
この日(3月11日)だからこそ、配信したかった。
先に天国に行っちゃった方達の分まで楽しい人生を悔いのない人生を送るためにぜひご覧いただきたいです。
ジョニーさん、ありがとうございました!

ジョニー宜野湾さんと対談:好きなことを仕事にする方法

↑チャンネル登録もお願いいたします!

 

以上、マイケル喜連瓜破からでした!