濱田です。

とうとう本格的に延期について動き出しましたね。IOCも首相も東京都知事も延期を含むような発言に切り替わってきました。

さて、例えば、東京五輪が1年間延期になるとどのような問題が起きるのかということですが、まずは、延期になることで打撃を受けるものは、下記にあげられるようなものですね。

東京五輪延期のデメリット

  • ホテルの売上減
  • 各スポーツ団体の再選考や準備
  • 観光業の機会損失
  • チケットについての損失など

など、基本的には、このような国際大会は、期間中の経済効果よりも開催前や開催後の経済効果の方が明らかに大きいのです。そしてこの延期では、約4,000億円ほどのロスが出ると言われています。

もちろん、選手の安全や人命に関わることなので、仕方がないかも知れませんが、4,000億円…。

と、まーマイナスな面はこれくらいにして、仮に延期になった場合、どうすれば最大の効果を発揮できるのかですが、一言でいうと東京オリピックを日本オリンピックに変更することです!

もしも、1年後に延期になった場合、ほとんどの会場は、すでに予約済み。だから空いている会場を全国から探して、日本中を会場としてやっちゃえば、観光も回るし、盛り上がります。

サッカーワールドカップやラグビーワールドカップで全国対応は経験済み!

もちろん、主会場は、東京を使えばいいんだけど、空手とか柔道とか水泳とかドンドン他県でやればいいじゃないですか!そしたら現在チケット持ってる人も国内旅行するし、日本中を世界にアピールできます。

日本なんて交通機関も発達しているし、面積も大きくないんだから是非そうして欲しいです。

 

もっとも僕の一番の関心ごとは、嵐の身の振り方。

オリンピックに合わせて活動休止を延長してもダサいし、きっぱり2020年で活動休止しても、もったいないし。2020年に休止して、五輪のタイミングだけ働くとかそれが一番ダサいですよね。どうするんだろう・・・

気になるよねー