ちょうど昨日(3月22日)、さいたまスーパーアリーナでK-1が自粛ムードの中開催し、とても批判的な声が上がっています。これがちょっといい例になるので、詳しく見てみると、簡単にいうとこういう流れです。

  • K-1の試合はすでに決まっていた。
  • 県などは、1万人以上集まるイベントであることから、自粛を要請していた。
  • しかしK-1は、安全を徹底して6千人規模に縮小して開催。
  • 木村フィリップミノル選手おめでとう!

今日、明らかに普段格闘技を見なさそうなタクシー運転手が、突然K-1を開催したことに文句を言い始めました。こんなところまで広がってるの、なんでかなーと思ったらスポーツ誌もテレビも結構K-1を取り上げていて驚きました。

ちょっと待ってよって。

自粛の意味わかってる?

自粛とは、自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。です。つまり判断は、主催者側にあるわけです。もちろんさいたまスーパーアリーナも開催は、イベント主催者任せ。

普通に考えたら、なんでこのタイミングで開催したの?って思うかも知れませんが、答えは”主催者以外、責任が取れないから”です。

自粛しても、保険や保障は出ません。運営会社も選手も困ります。だから経営のことや選手のことを考えたら開催するしかなかったのではと思います。

問題は、どこにあるのか

国が自粛を要請すると中途半端なことをするからこうなるのです。一切の禁止を命令して、そこの経済的保証をすればいいのです。

このK-1の件で、政府関係者が主催者側のことを【国賊】と非難していますが、是非とも国会の場で発して欲しいですね。