濱田です。

昨日、宿泊したホテルの話なのですが、驚きました!単価2万円以下のホテルでこれ初めてみました。

ウェルカムレター!

単価6万円以上するホテルでは、当たり前に用意されているサンキューレターですが、2万円以下のホテルでもこのようなおもてなしをする時代になったんだなーということで考察してみました。

宿泊したホテルは、宿泊したホテルは、マリオット系のカジュアルブランドです。

ホテルの作りは、若干カジュアルですが、客室などはしっかり既存のメインブランドを踏襲されていました。

しかし、メインブランドと大きく異なる点もあります。

それが、キャッシュレスという点です。使えるのは、カードとICのみ。それと浴槽なしのシャワーのみ。この2点のみがメインブランドとの差です。

接客は、さすがマリオットです。素晴らしい接客です。

施設工夫によって固定費を抑えて低単価ハイクオリティを実現し、出店できる市場を開拓されているのですね。素晴らしいです。

ちなみに売店もこんな感じです。

売店もセルフ決済キャッシュレス。スタッフレス。

僕にとっては、これで十分です。(何も買わなかったですけど)

 

競合ホテルとの価格差が一泊当たり5千円ほどありますが、ぜひまた泊まりたいと思うホテルでした。

価格競争だけが生き残りの道ではありませんね!!